ブランドロゴのコンセプト

HOME » ブランドロゴ » ブランドロゴのコンセプト

ブランドロゴのコンセプト

ブランドロゴを決めるにあたって、立ち上げる人はいろいろなことをイメージしていると思いますが、まずはそのブランドをどのようにしたいのかしっかり確立させることが大事になります。
ブランドはブランドごとにイメージがありますし、そのイメージによって人は購入するかどうかを決めますから、コンセプトがなければいけません。
コンセプトのないブランドはどこか中途半端になってしまいますし、購入しづらいチープなものになりやすいので、まずはどんなコンセプトを立てるか決めてみるといいでしょう。

その象徴となるのがブランドロゴなので、コンセプトをしっかり表現できるようなものを作り上げてください。
とは言えコンセプトを確立するのはなかなか難しい面もありますし、どこから手を付けていいのか分からない…という人も多いと思います。
そこでまず提案したいのが「ターゲットをどの層にするか?」という点で、ここがしっかり確立できていればある程度方向性は定まります。

たとえば10代20代の若い女性層をターゲットにする場合、可愛いイメージを持たせたほうが親しみやすく人気も出やすいのでおすすめです。
カラーもホワイトやピンクなどを基調にしたり、デザインもポップなものにすると若い世代からの受けはよくなるのではないでしょうか?

また、もう少し上での世代をターゲットにするのであれば、可愛すぎるのも購入しづらくなってきますので、少し落ち着いた大人のイメージを与えられるようなデザインにしたほうがいいでしょう。
あまりデザインに凝ったものではなく、シンプルにまとめたほうがシックで大人っぽくなりますし、いろいろな場面で使いやすいので長く使っていけるでしょうし幅広い世代をターゲットにすることもできます。

ブランドロゴはそのブランドを表現するうえでファーストインパクトになるものですから、ひと目見た時点である程度イメージを固めてしまいます。
ですから見たときに与える印象がどんなものか客観的に判断できるようにしたほうがいいので、まずある程度コンセプトが固まったらいろいろな方向から意見を聞いてみてどのようなイメージを持たれるかリサーチしてみるのもいいかもしれません。
特に初めてブランドを立ち上げるなら、そのイメージを共有できていないと成功のビジョンも見えてこないと思いますので、できるだけ周囲の声に耳を傾けて自分の思い描いたプランに合ったブランドを作り上げてください。