ブランドのロゴと著作権

HOME » ブランドロゴ » ブランドのロゴと著作権

ブランドのロゴと著作権

ブランドのロゴを制作するにあたって注意しなければならないのが著作権についてですが、これはどういった場合にアウトと判断され、どういった場合であればペナルティの対象になるのか実は知っている人は意外と少ないのではないでしょうか?
そこでここではブランドのロゴを制作するにあたって著作権との関連性についてお話していきますので、これから自分のブランドを立ち上げて展開していきたいという人は参考にしてください。

はじめに絶対にやってはいけないのがまったく無関係の商品に既存のブランドのロゴをつけて販売する方法で、これをやってしまうと商標権の侵害に該当しますから、当然ペナルティの対象になりますし最悪の場合裁判沙汰になる可能性もあります。
具体的に言うと、たとえば自分の制作したバッグなどに有名ブランドのロゴをつけてオリジナル商品としてインターネットオークションなどに出品したりすると、そこで売買することを目的にしていることが明確になりますから、アウトです。
私的に楽しむものに関しては問題ないものの、それを偽って販売するのも、公表するにしても既存のブランドのロゴを活用するのはいけません。

次にブランドのロゴに似たロゴを制作して商品を開発し、販売した場合ですが、これに関しては著作権の侵害には当たりませんので一応問題はありません。
しかしベースとなったブランドのロゴが意匠登録されている場合は意匠権の侵害に該当しますので、ペナルティの対象になってしまいます。
また、たとえこういった行為が問題ないとしても、消費者側から見れば完全なパクリ商品と認識されてしまいますので、当然購入はためらうでしょうし、普段からブランドが好きで購入している人には不快感を与える原因にもなりかねません。
当然そのブランドを超える魅力を出せるわけでもありませんし、立ち位置としてはパクリ商品を販売しているところという認識が定着するでしょうから、ブランドとしての価値はとても低くなってしまいます。

このようにブランドのロゴを考えるときには著作権のことを考えなければいけない…と言うよりはパクリに敏感になって、よりオリジナリティのあるものを開発する意識でいなければなかなか成功は難しいでしょう。
現在世界中にあらゆるブランドがあって、その分ロゴもありますが、自分たちだけのオリジナリティあるロゴができればブランドとしても注目を集めると思いますので是非チャレンジしてほしいと思います。